風水からみる書斎の作り方について


はてなブック

マークに追加 livedoorクリップに追加 Yahoo!ブックマークに追加

風水からみる書斎は、知性を発展させる場所で、決断と思考能力、キャリアアップを伸ばしてくれる、一家の主人の脳を示す場所といえるでしょう。

書斎のように主に、思考的なことを行う部屋は、風水的にどの方位にあるのが最もふさわしいかといいますと、一般的には「北」の方位に位置するのが良いとされています。

風水と書斎 北は集中力をアップさせ、頭を使う思考的な場合に適している方角なのです。

どうしても北の位置に配置することが困難な場合でも、インテリアのカラーを黒やネイビーブルーにすると同じような効果を得られるでしょう。

また、書斎に置くデスクとか本棚などは、スチール製のものより、温かさを感じる木製のものが良いとされています。
色に関しては、白や黒といったモノトーンよりも、ダークブラウンや、木の素材感がでているナチュラルオークといった色にすると、情緒の浮き沈みが少なく冷静に物事を判断できるようになります。
特にデスクは角のとれた形のものが最適なのですが、金銭関係の仕事に携わっている人は長方形のものが最も良い気を呼び込むことができるそうです。
さらに、デスク周りには気を浄化してくれる観葉植物を置いたり、電磁波を除いてくれる炭やトルマリンなどを置いたりすると心身に優しいでしょう。

カーテンはグリーン系や青がベストです。
カーテンをグリーンや青にすると、部屋全体が落ち着いた状態になり、仕事の効率が上がります。

このように気持ちのよい空間をしっかり作っていけば、脳が活性化してやる気も起こり、創造的・独創的な生活を送ることができるはずです。



Copyright (C) 2009 開運!お部屋のインテリア風水・攻略法. All Rights Reserved.